スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
日本人ですか?
2005 / 06 / 12 ( Sun )
これはインドネシアに限らず、東南アジアで長く仕事をしている人なら1度は経験のある話。


インドネシアは赤道付近にあり、一年中暑く太陽が真上近くまで昇る為、晴れた日に外に出ていると、人によってはあっという間に日焼けをしてしまいます。
特に商社などで働く日本人は、接待ゴルフを毎週のように行うことが多く、肌の色も現地人と同じくらい日焼けをしている人も大勢います。

また前回のお話であったように、インドネシアの男性のように口ひげを伸ばす日本人ビジネスマンもたまにいる様子。


その為に発生する現象。それは


一見しただけではインドネシア人のように見える日本人がしばしばいるという事。




ある時インドネシアで、新規取引先となる日系企業に打ち合わせに行きました。

会議室に通され暫く待っていると、その会社の社長(日本人)ともう一人、立派な口ひげを蓄えた色黒の男性が入ってきました。



YOSHI 「こんにちは」



 と社長に挨拶。

そしてもう一人の男性に、何の迷いもなく



YOSHI 「スラマッ ソレ(こんにちは)」



とインドネシア語で挨拶。するとその男性は、








 「あ、僕、日本人です (^^;) 」






       やってしもたー!!! (|||´Д`)





ホントに分からないよ




・・・それ以来、日本人かどうか分からない人に会うと、相手が喋りだすまで話しかけないようになったYOSHIでした。。。
17 : 29 : 05 | インドネシア滞在記 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
ひげぶ
2005 / 06 / 10 ( Fri )
インドネシアの男性の多くは、立派な口ひげを生やしています。

口ひげを生やす事で、男性としての「威厳(いげん)」を表す、と私は現地人から聞きましたが、おそらく他にも意味はあると思います。
また分かりましたら報告しますね (_ _)



ある時、インドネシア人の女友達から


「YOSHIもヒゲを生やせば? きっとカッコよくなるよ!」


と言われました。


 それって、今はカッコ悪いってことか!? (-"-メ)

と思いつつも、おだてられるがまま、口ひげを生やす事に。


ところが私はヒゲが濃くないため、頑張ってもチョビヒゲ程度。


それを見た彼女は、



「キャ~~ カッコ悪ーい! それに気持ち悪ーい!! (≧▽≦)」



と大笑い。


(´・ω・`)


どうやっても、俺はカッコ悪いのね・・・ _| ̄|○
20 : 19 : 36 | インドネシア滞在記 | トラックバック(0) | コメント(15) | page top↑
祈祷師を呼べ!
2005 / 05 / 31 ( Tue )
インドネシアに来て数週間目の頃の話。


現地の会社で仕事をしていた時、ある一人の女性社員(インドネシア人)が突然、痙攣しながら倒れてしまいました。


 「これは大変だ!!!」


と私を始め、他の現地社員、日本人スタッフが大勢駆け寄ってきました。

 「とにかく病院へ!」

と思っていると、ある男性社員(インドネシア人)が「ここは任せろ!」とばかり彼女に近づき・・・


 「どうした! お前は誰だ!? 名前を言ってみろ!! え!!? しっかりしろ!! 自分の名前を言うんだ!!!」


と大声で話しかけたのです。


 「ええ? 何やっているの??? (゚д゚;)」


すると別の社員(日本語の話せるインドネシア人)が私に教えてくれました。


 「YOSHIさん、今彼女に霊がとりついているんですよ。だからああして、彼女が霊に負けないように声を掛けているんです。彼女のように心が強くない人は、ときどき霊が入ってしまうんです。」



 ・・・ (゚  д  ゚|||)



どうやらインドネシアではこのように女性が失神することがよくあり、その都度今回の様な祈祷的な行為を施すそうです。
(実際私が滞在中、3回こういう場面に出くわしました)


・・・俺はこの国になじむことができるのか?・・・

と、ものすごく不安になった瞬間でした。。。


・・・結局なじんじゃいましたが(・∀・)>
13 : 06 : 15 | インドネシア滞在記 | トラックバック(1) | コメント(14) | page top↑
浦島engineer太郎
2005 / 05 / 26 ( Thu )
さ~て、気を取り直して・・・


海外勤務の長い人が日本に帰国すると、よく「浦島太郎になる」と言われます。

これは海外にいる間、日本の情報がほとんど入って来ない為に、久しぶりに帰る日本の姿が著しく変化して見え、自分だけが取り残されてしまったような疎外感を感じる現象。

例えば全然知らないモノが流行していたり、近所の街並みが変わっていたり、会社に知らない人(新入社員)が沢山いたり、友人の性格が変わっていたり・・・

私の場合も、

「え? ウタダヒカルって誰?」

「ええ!? ここにあった本屋がなくなっている!!」

「えええ!? いつから自販機のジュースが120円になったの!!?」

「・・・あんた誰?」


などなど、帰国直後はかなり戸惑ったものです。


ただ正直、この程度の情報の遅れなら大した事はないんです。

最も深刻なのは「技術」の遅れ。
これは私の様な(元)技術者限定(現在NEETですが・・・)。

日本の製造現場は常に新しい技術を取り入れられ進化していきます。
一方海外の製造現場では、人件費が安いこともあり、日本の一世代前の機械などが使用されていることもしばしば。
その為、旧世代の技術が染み込んだ技術者が帰国すると、進歩した現在の技術に着いていくことができず、言いようのない疎外感を味わうのです。

これが、日本の技術者が海外に長期赴任する場合の最大のリスク。



2000年、私のインドネシア赴任もあと1ヶ月をきった頃。
先輩から上記の様な「浦島太郎現象」を前もって聞いていたため、帰国後も技術の遅れがないようにと日本の本社から最新技術資料を取り寄せて勉強していたYOSHI。

「よし! これで帰国しても大丈夫!」

そんな時、本社から一通のFAXが。

辞令
インドネシア支店 YOSHI殿
2000年4月より ○○製造部への異動を命ずる。


そこは今までしていた事とは全く異なる製品を扱う部署。




 い ヽ(´;ω;`)ノ


 |

 み    
ヽ( ´;ω;)ノ


 な

 |
                 ヽ(  ´;ω)ノ



 い


 や                         ヽ(   ´;)ノ


 |

 ん
                                    ヽ(     )ノ



・・・そして帰国後、インドネシアで身に付けた技術など何の役にも立たない部署で仕事をするYOSHIでした。
(現在無職ですが・・・)
18 : 39 : 02 | インドネシア滞在記 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
梅干・山葵・納豆
2005 / 05 / 20 ( Fri )
梅干・山葵(ワサビ)・納豆

外国の方々に是非食べさせたい食べていただきたい日本を代表する食べ物です。

インドネシアの場合、一般家庭の食卓にこれらが上がる事はまずありません。
ジャカルタの日系食品店に行くとこれらを入手することは可能ですが、やはり日本から空輸されてきたものなので値段が高く、現地インドネシア人が購入することは経済的に難しいでしょう。

ただし「納豆」ではないのですが、インドネシアにも納豆に似た大豆食品、「テンペ」というものがあります。
最近では日本のスーパーでも売り出されているようなので、既に召し上がった事ある人もいるのでは?

インドネシアでもテンペはよく家庭の食卓に上がる事があるので、インドネシア人にとって納豆は意外と取っ付きやすい食べ物かもしれませんね(確認したことはありませんが…)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ある日、インドネシアの会社の設立記念として、立食パーティーをやることになりました。

現地のコックを呼んでの、かなり豪華なパーティー。
その中には寿司や天ぷらなどの日本食も振舞われました。
でも現地社員は少し遠慮気味。普段見慣れない食べ物のせいか、誰も手に取ろうとしません。


そこで少しイタズラゴコロ


一人の男性社員(インドネシア人)に声を掛け、

「これものすごくオイシイヨ!食べてごらん!」

と、山葵いっぱいのニギリ寿司(確かエビ)を与えました。
少し遠慮しながらも、パクッと口に運んだ










( ;Д;) ぐわわわあああぁぁぁぁ!!!

口がイタイ━━━━━━━━!!!!!




緑の時限爆弾が爆発しました。

それの姿を見て笑い転げるサディストYOSHI (T▽T)

なるほど、彼にとって山葵は「辛い」ではなく「痛い」と感じる様子。
いい勉強になりました φ(。 。 )



・・・後日、彼と食事に行った際、私が誤って唐辛子を一気にかじり、顔を真っ赤にしてのた打ち回っている姿を見て、彼は心の底から爆笑していました。


まさに『身から出たわさびさび』 (うまい!)



悪い事はできないものです・・・_| ̄|○
21 : 38 : 26 | インドネシア滞在記 | トラックバック(1) | コメント(29) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。