スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
竹工芸 製作工程③ 仕上げ編
2009 / 10 / 27 ( Tue )
お久しぶりでございます(・ω 婚活しておりました

さて竹工芸製作工程の続き。
ホントは編み方を示した『編組編』にしたかったけど、写真を撮り忘れていたので、今回は仕上げ編をば。

竹は編んだだけで完成ではなく、その後に染色・漆など、仕上げ工程があるのですー

で今回の獲物?はこちら

DVC00009s.jpg
左は花籠。右は手提げバッグ。

まずは染付け。
染料を入れて煮詰めた鍋にドボッと浸けこみます。
DVC00005s.jpg

でこれを一晩乾燥。
PA060074s.jpg

表面を藁縄や紙ヤスリで磨きます。
PA060077s.jpg

この後は漆塗り。仕上げの中で一番難しい工程。
写真は撮り忘れ・・・(・ω・


で完成品がこちら
PA180085s.jpg

持ち手は市販品のものを取り付けて、巾着はYOSHIの手作り♪


花籠はこんな感じ

PA180093s.jpg

PA180094s.jpgPA180095s.jpg

銘はまだなし


こんな感じでペースは相変わらず遅いけど、ボツボツとは制作しておりますよ


さてここで作品展のお知らせ

こちら↓で伝統工芸作品展が開催されます~
第26回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会

清水寺作品展2009

YOSHIの作品(昔作ったもの…)も展示されます(たぶん…)

おヒマでしたら見に来てねー
(((((((´っ・ω・)っ
23 : 18 : 42 | | コメント(4) | page top↑
<<作品展とゲシュタルト崩壊 | ホーム | またひとり…>>
コメント
 
v-361YOSHIさん、おもしろいv-407
マイケルジャクソンから更新がないなーと思っていたら、はやりの婚活だったんですねv-354

染付けはハケで塗るんじゃなくて、つけるのかあ。
かなり大きいお鍋が必要ですねv-284

竹そのままの色も自然でよさそうですけど、必ず上に何か塗るものなんですか
by: おい * 2009/11/02 18:50 * URL [ 編集] | page top↑
 おいさんへ
ご無沙汰(・ω・|

竹はしなるので、刷毛で塗るだけでは塗料がすぐ剥がれてしまうのよ(´・ω・`)
竹の内部まで染料を染み込ませないとダメ

染めるかどうかは好みの差なので、別に竹そのままの色でもOKなのさ

ちなみに婚活の成果は皆無です
by: YOSHI * 2009/11/03 20:28 * URL [ 編集] | page top↑
 
てっきりお仕事忙しいのかと・・・^^

巾着かわいぃです☆
by: Tokko * 2009/11/05 02:18 * URL [ 編集] | page top↑
 Tokkoちゃんへ
仕事先にも持っていって、バイトの女の子に見せたところ

「ヘヱー、センセヰッテキヨウデスネー(゚ω゚)」

と死んだ魚のような目で言われ、かなり凹んだことはここだけの秘密(;ω;
by: YOSHI * 2009/11/05 02:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。